銀行カードローン 審査基準

銀行カードローンの審査基準

センター分けの人

銀行カードローンの審査は厳しいというイメージが強いと思います。

 

確かに、消費者金融に比べると審査は厳しいのですが基本的に消費者金融と審査で見ているところは変わりがなく、「総量規制の範囲内の借り入れかどうか」「他社からの借り入れや返済状況と、過去の取引状況」「申し込み者の属性」がポイントになってきます。

消費者金融とココが違う重要ポイント

延滞記録

基本的に過去又は利用中のローンに返済の延滞記録があると審査に落ちる、または融資金額の減額があります。2日〜3日が1回程度なら支払い忘れかな。という程度ですが頻繁に何度も支払いが滞る場合や、2ヶ月以上の延滞がある場合は融資不可とる可能性が高くなります。

 

債務整理(自己破産・任意整理)

債務整理の記録がある場合は、審査には通ることができない可能性が高くなります。債務整理があると信用情報機関に「事故登録」されてしまい、事故登録は登録から5年間〜10年間は消えないのでその間は銀行からの融資は難しい状態です。

 

勤続年数

転職したばかりだったり、転職がかなり多い、転職して1年以上たっていない場合は審査に通りにくくなっています。返済能力の一番のポイントは安定した収入です。転職が多かったり、勤続年数が1年未満だと安定した収入が望めないとみなされることがあります。

 

複数社への申し込み

何社へもの融資の申し込みをしていると、よほどお金に困っている・・・という判断から警戒されてしまいます。一度に複数社の申し込みは避けたほうが良いです。また申し込み記録も残されて、基本6ヶ月は信用情報機関に記録されているので最低でも6ヶ月は間を開けて申し込みすると良いです。

 

他社の借り入れ件数

既に他社で借り入れがあり、それらが複数件あると審査に通りにくくなります。一般的には4件超えると多重債務扱いになるので申し込みの際は何件申し込みしているのかを確認してからにするようにしてください。

借りすぎて困った