ラーメン屋 カードローン 利用

ラーメン屋の僕がカードローンを利用した体験談

エプロン男性

脱サラしてラーメン屋になって3年。

売れ行きもよく、そこそこ貯金もできるようになってきたので従業員を一人増やしました。
今まではアルバイトやパートを忙しい時間帯だけお願いしていて、基本的に自分と従業員3人でお店を回している状態でした。
でも、お客様を待たせてしまうことが多くなってきたことから、一人アルバイト店員を雇いました。

 

以外と人が一人増えると、出費もかさんだり「待ってまで食べるのは嫌」と従業員を増やした途端に客足が減ってしまいました。3年間、以外と上手くやりくりができていたので、初めてのスランプ状態に焦りを感じるようになりました。変な焦りのせいからか、発注ミスやオーダーが増えてしまい負の連鎖が続き、貯めた貯金もなんだかんだの支払いで0円に。

 

従業員の給料や家賃、店舗維持費などの支払いをしたら、自分の生活費は3万円だけで、どうやって生活していいものやら困ってしまいました。

 

ラーメン

そこで、自分の為にカードローンを使うことを決意。自営業だし、審査なんて落ちても仕方ないと思いながらも、どうにか通ってほしい思いで消費者金融の大手を選んで申し込みしました。

 

もしも、店主がカードローンを使っているなんて従業員に知られてしまったら、不安にさせてしまうので従業員にだけはばれないように手続きをして、審査も通りました。
借入金額は10万円。13万円あれば、自宅の家賃や水道光熱費、食費・日用品などの購入に十分すぎるほどです。

 

無事に借り入れもできたので、次の日からまた気合いを入れて1杯1杯。丁寧に作っていきたいと思います。また以前のように活気ある店内になれるように努力します。