自営業 審査に通りにくい

ポイントは「継続的な安定した収入」

「継続的な安定した収入」が見込めないというのが一番大きいです。景気にも左右されやすく、売上も安定しにくく、サラリーマンの用に給料日があるわけでもないので、とても「継続的な安定した収入」とは言えない状態です。

 

安定した収入がない、つまりいつ返済できなくなり破産されてもおかしくない。という事になります。
自分が貸す側だとしたら、貸したくない相手ですね。貸したお金が帰ってくるかどうか確率が低くなる場合はやはり審査にも落ちやすくなるのは当たり前です。

 

逆に自営業でも、ある程度安定した金額の収入が毎月、数年間あるようなら問題はなく、それらを証明できる書類(確定申告書・収入証明書・発注書・請求書)などもがあれば審査は通りやすくなります。

 

悩むハゲちゃん

特に、銀行のカードローンは審査が厳しく自営業の方で審査に通れたという体験談などの話もあまり聞きません。どちらかというと審査はうけてみたものの、落ちてしまったとういう体験談のほうが多いです。
審査に落ちてしまった人の中には今までに一度も事故登録されるような事はなかったし、ある程度クレジットカードでのショッピング、返済や携帯電話などの料金の支払い、公共料金の支払いも滞ったことがない。しかも、月々40万円前後の収入が数年間あるのに落ちた人もいます。

 

実際の所、どのような審査が行われているかは情報が公開されていないので、これが決めてだ!というのがないのですが、上記のようにある程度自営業の内容もよく、継続的な安定した収入が見込めているのにもかかわらず、融資をうけられない人もいるので、とりあえず審査をうけてみよう。ぐらいの気持ちのほうが良いです。

 

個人事業主向けのカードローン

自営業者は上記の理由から一般的なカードローンにはなかなか通りにくいです。なので、自業種向けや個人事業主向けのカードローンを申し込んでみましょう。
個人事業主向けなので自営業者だから、審査に落ちるという確率がグッと減りますし、嬉しいポイントとしては通常の個人向けのカードローンは事業性資金としては融資は不可能ですが、個人事業主向けのカードローンは事業性資金として融資してくれることです。つまり、総量規制の対象外となるのです。

 

年収に関係なく利用ができ、事業性にも使え、プライベートでも使うことができるので、個人向けのカードローンに申し込むのであれば個人事業主向けのカードローンの方がお得に利用できます。
消費者金融ではプロミス、信販会社系ではオリコが積極的に集客をしていますから、審査にも通りやすくなっているかもしれません。

 

いざという時のためにも先に審査や申し込みをして、1枚持っておくと使えることがあるかもしれません。

カード待って