消費者金融 審査基準

消費者金融の審査基準

 

またハゲちゃん

消費者金融の審査基準は大きく分けると3つのポイントになります。

  • 総量規制の範囲内の借り入れかどうか。
  • 他社からの借り入れや返済状況と、過去の取引状況。
  • 申し込み者の属性。

の3つです。別々に内容を紹介していきます。

 
総量規制の範囲内の借り入れかどうか。

総量規制は2010年に賃金業規制法という法律の一部で、年収の3分の1以上の借り入れができない。という決まりができました。(住宅ローン等やその他例外はあります。)

 

なので、年収の3分の1以上の融資はできません。数社で借り入れを行っている人はすべての会社の合計金額になるので、他社での借り入れがないか、ある場合はいくらの借り入れをしているかなどを確認します。


年収300万円 ⇒ 消費者金融で借り入れできる金額は100万円(年収の3分の1)

 

A社で50万円の融資
B社で25万円の融資

 

C社に新規申し込みで25万円の融資を希望なら総量規制内(この場合合計金額の100万円以内)なので審査に通ります。
しかし、
C社に新規申し込みで50万円の融資の申し込みをした場合
A社+B社の融資金額が75万円。
さらにC社の50万円を足すと125万円になるので25万円のオーバーになります。
すると審査に落ちるというわけです。

 

ここで大切なのは今、自分がどれくらい借り入れをしているかをよく確認します。
数社に借り入れすること事体は悪いことではないです。しかし、総量規制の金額以上に申し込みしてしまうと審査には必ず落ちます。審査に落ちることによって、次の会社での審査では他社の審査に落ちている情報はマイナスポイントとして不利な条件になってしまうので、よく確認してから申し込みや審査を受けるようにしてください。

 

 

他社からの借り入れや返済状況と、過去の取引状況。

信用情報機関に個人情報が登録されていて、そこで消費者金融も情報を確認しながら審査をします。信用情報機関には今までのキャッシングやクレジットカード、携帯電話料金などの支払い状況や利用状況が登録されています。

 

この情報の中で、延滞の情報や短期間で複数の金融機関への申し込みや債務整理(民事再生や自己破産)などをした履歴があると審査に落ちたり、希望金額以下の融資となります。

 

また逆に、年齢に対して借り入れの経歴が1回もない。信用情報がきれいすぎる人も審査に落ちてしまう可能性があります。それは、返済に関して未知で本当に返済をしてくれるかどうかがわからないという点や、本人でない可能性を疑ったり架空の人物であることを疑います。

 

消費者金融会社によって判断は異なるので、過去の取引状況に債務整理があるから必ずダメというわけでもないですし、延滞も2日〜5日なら問題ないという判断をする会社もあれば、ダメという会社もあるのですが、登録されちゃんとした営業をしている消費者金融会社なら信用情報機関に必ず加盟しているので、こちらで内容を確認されることは間違えないです。

 

 

申し込み者の属性。

ファミリー

持ち家であるかどうか、結婚はしているのか、子どもはいるのか、電話は?職業は?などの申込者の細かい個人情報を確認します。
勤務先は本当に実在していて安定した収入があり、勤務年数も高いほうが信頼はありますし、電話は携帯電話のみよりも、固定電話の契約があると良いです。
保険も大切で、社会保険・国民保険などの種類も聞かれます。

 

持ち家か賃貸かという点で、一般的には持ち家の方が評価が高いのですが、賃貸でも同じ場所にずっと住んでいると家賃などの延滞がないという評価でポイントが高くなる可能性もあります。なので一概にこれがよくてこれが悪いという評価がしにくいのですが、総合的に見て返済能力があるか、実在する企業につとめて安定した収入で返済能力があるかどうかを見ます。